オススメリンク


認知症を早期発見する

耳が聞こえにくい

認知症の原因は様々で認知症患者の多くがアルツハイマー病とされているが、症状によって注意すべき点や治療方法が異なるので医療機関で診断してもらうことが大事である。認知症は進行を抑制する薬が早期であれば有効なので早期発見に努める事が大事である。

Read more »


認知症の原因と予防

介護をしてもらう

認知症はサプリメントを摂取することで効果的に治療することができる場合があります。ぴったりのサプリメント選びをしてみましょう。

認知症とは以前、痴呆症と呼ばれていました。昨今になり、その呼び名だいぶ定着してきました。認知症とは、加齢や何らかの原因で、脳の細胞が活動しなくなる症状をいいます。脳の病気と言うところに、単なる物忘れとは違う要素があります。 物忘れとは、加齢と共に表れる自然現象です。人の名前がすぐに出てこなっかたり、家の鍵をかけたかどうか忘れてしまったりすることを言います。 認知症とは、自分が食べた物や会った人など、体験したこと自体を忘れてしまっている状態を言います。 よく、高齢なると物忘れと認知症を混同して、心配になる傾向があります。物忘れと認知症の違いを正しく知っていれば、不安になることも心配することも無くなります。

大切なのは認知症になる前に予防をすることです。認知症の予防は、毎日の生活の中でできることがほとんどです。 まず、朝方の生活にし、朝日をきちんと浴びることから始めましょう。規則正しい生活リズムは、認知症だけでなく、さまざまな病気を未然に防ぐ効果があります。そして、栄養バランスのとれた食事を摂りましょう。認知症を予防する成分が含まれた食べ物などもあります。例えば、魚に含まれるDHAや、赤ワインなどに含まれるポリフェノールが有名です。 そして、毎日の軽い運動を心がけましょう。過度な運動よりも、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的でしょう。 また、これらの生活習慣は、認知症の進行を遅らせることにもたいへん有効です。

認知症を遅らせる方法

施設で暮らす

認知症は、患者本人が薬を飲んで治療するだけで不十分です。周囲の人間が症状を悪化させない、改善させる対応を取ることが必要です。社会も自治体による医療機関へのサポートや、身元不明の認知症患者への対策をすることで問題を解決しようとしてます。

Read more »

健康の維持

迷子になってしまった

認知症を未然に防ぐためには日頃から健康のために脳や体を積極的に使っていくことが大切です。人とのコミュニケーションをすることは脳の活性化に繋がります。また内服薬の治療を始めると認知症の進行を遅くすることができます。

Read more »